歯を白くできる 

歯審美歯科ではホワイトニングというメニューが用意されています。こちらの治療を受けることによって、歯を白くすることができます。

ホワイトニングというのは歯に専用の薬剤を塗布することによって、白くするという方法です。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングといった方法があります。これは実際にクリニックで治療をしてもらうのか、あるいは自宅で自分で薬剤を塗布するのかという違いがあります。どちらも最終的には歯を白くすることができるでしょう。

オフィスホワイトニングは何度か通院しなければいけません。ホームホワイトニングの場合は、毎日自分で作業をしなければいけないのですが、通院する回数は減らすことができるでしょう。
また、大阪で行っているホワイトニングにはこの両方を組み合わせたデュアルホワイトニングというものもあります。

このホワイトニングによって歯を白くできるのですが、その効果は永久的に続くわけではありません。効果は半年から1年もすると薄れてしまい、色戻りしてしまうことがあるのです。そのため、定期的にクリニックに通ってホワイトニングをしてもらう必要があります。これは面倒かもしれませんが、歯医者に行く機会を増やすというメリットがあります。そもそも、歯は半年から1年に1回は点検してもらうべきです。そのついでにホワイトニングをしてもらうということが可能でしょう。